家庭用シュレッダーの処理能力

家庭用シュレッダーの処理能力は製品によって想定している細断物の種類、細断枚数の量によって異なっており業務用シュレッダーと比べ、細断容量およびスピードは低めに設定されている。


【最大細断枚数】

一度に細断出来る最大の枚数を指しており概ね2枚~5枚の範囲である製品が多い。


【用紙投入幅】

家庭用シュレッダーはA4用紙を縦方向に細断が出来る様に設計されている製品が殆どである。


【細断速度】

1分あたりの細断速度は1m~2m以下になっている。


【定格時間】

連続して使用出来る時間は定格枚数の使用を前提として連続3分~連続5分使用が可能となっている。


【定格細断枚数】

連続して細断出来る用紙枚数は製品によって2枚~5枚である事が多い。


【処理能力】

1分あたりA4コピー用紙90枚程度細断出来るが、ダストボックスの容量が小さいモデルはクズ交換の頻度が高く処理枚数が落ちる。